書評

「ノーサイドゲーム」池井戸潤の書評・あらすじ・感想

「ノーサイドゲーム」は、アストロズの選手と君島が、日本のラグビー界を改革するために、地道な努力を積み重ね、さまざまな問題を解決して前進していくストーリーです。すべてが収まるところに収まっていきます。 池井戸潤さんの紹介 1998年「果つ...
書評

ノーベル化学賞を受賞した吉野彰さんの愛読書「ロウソクの科学」の書評・要約・ネタバレ・感想

「ロウソクの科学」は、ロウソクが燃える不思議な現象を、実験を通して若い科学者に向けて、クリスマスに講義を行った講義録です。 ファラデーさんが伝えたかったことは、考える力と着眼点と研究深心だと思います。 吉野彰さんの紹介 吉野彰さん...
書評

「蜜蜂と遠雷(原作)」恩田陸の書評・あらすじ・感想

「蜜蜂と遠雷」は、芳ヶ江国際ピアノコンクールを背景に、天才コンテスタント達の成長を描いた小説。ホフマンの推薦状にはカザマ・ジンなる人物の名が。彼は天性の音楽センスを持ち、周囲を根本的に変えてしまう。 恩田陸さんの紹介 恩田陸さんは、19...
書評

「あり金は全部使え」堀江貴文の書評・要約・感想

「あり金は全部使え」限界まで使って、やりたいことに没頭しろ!未来に備えるな!徹底的に自分の好きなことにハマれ!儲けるという下心で動くな!心から楽しむことに集中しろ!ホリエモン哲学が学べる本。 堀江貴文さんの紹介 堀江貴文さんは、元ライブ...
書評

「大家さんと僕」矢部太郎の書評・あらすじ・感想

「大家さんと僕」は、ひょんなことから2階に住むことになったお笑い芸人と、セレブなオトボケ大家さんとのほっこりする日常を描いた漫画です。大家さんと矢部さんが、お互いに思いやり、交流を温めていく姿が素敵です。 矢部太郎さんの紹介 お笑いコン...
書評

「ちょっと今から人生かえてくる」北川恵海の書評・あらすじ・感想

「ちょっと今から人生かえてくる」は、「クロスオーバー作品」です。登場人物が、それぞれ意外なところで繋がります。青山隆からつながる5人の主人公の働き方・生き方を描き、最後は本の題名にたどり着きます。 北川恵海さんの紹介 北川恵海さんは、五...
書評

「いちばんやさしいRPAの教本」進藤圭の書評・要約・感想

「いちばんやさしいRPAの教本」では、RPAの概要から導入に至るまでのプロセス、導入後の運用、実際にRPAで成功した企業の、導入例などが紹介されています。RPA導入を検討されている企業に向けての指南書です。 進藤圭さんの紹介 ディップ株...
書評

「この世を生き切る醍醐味」樹木希林の書評・要約・感想

「この世を生き切る醍醐味」では、余命数か月と宣告された樹木希林さんが、これまでの人生を振り返って、演技や、夫である内田裕也さんや、娘の也哉子さん、娘婿の本木雅弘さんとの私生活について語られています。 樹木希林さんの紹介 樹木希林さんは、...
書評

「わたし、定時で帰ります。ハイパー(原作)」朱野帰子の書評・あらすじ・感想

「わたし、定時で帰ります。ハイパー」では、得意先からのセクハラとパワハラに結衣と晃太郎は悩まされます。会社では、ホワイト化を目指し、「管理職でも定時で帰れる」を実現するべく、結衣に期待がかかります。 朱野帰子さんの紹介 朱野帰子さんは、...
書評

「ちょっと今から仕事やめてくる」北川恵海の書評・あらすじ・感想

仕事に疲れ果てた隆は、ある日電車のホームで、自殺しようとしているところをヤマモトという男に助けられた。「ちょっと今から仕事やめてくる」は、そんなヤマモトとの不思議な交流を描くハートフルなストーリー。 北川恵海さんの紹介 北川恵海さんの「...