書評

いじめを受けている人に教えたい「こども六法」山崎聡一郎の書評・要約・感想

「こども六法」は、大人でも難解な法律を、子供に分かるように、易しい文章で書かれた実務書です。イジメなどで困っている子供が、自分の身を守るために役立てて欲しいとの思いから作られた本です。 山崎聡一郎さんの紹介 肩書は、教育研究者、写真家、...
書評

ココナラ社長の人脈術が学べる「好きなことしか本気になれない。」南章行の書評・要約・感想

「好きなことしか本気になれない。」は、ココナラ社長の南章行さんの半生をベースに、人生100年時代に80歳まで働くための仕事術、人脈形成術、キャリアに対する考え方など、南さんの実体験をもとに書かれた学び多い一冊です。 南章行さんの紹介 南...
書評

メシが食える大人になる!「よのなかルールブック」高濱正伸の書評・要約・感想

「よのなかルールブック」は、メシが食える大人になるために、必要な考え方を、子供の頃から養って欲しいと著者は考えました。50のルールは、厳しい世の中を生き抜くための、著者から子供たちへの贈り物です。 高濱正伸さんの紹介 高濱正伸さんは、「...
書評

「大家さんと僕と僕」矢部太郎の書評・要約・感想

「大家さんと僕と僕」は、矢部さんを取り巻く周囲の方々が書いた「大家さんと僕」の書評や、矢部さんとのエピソード、矢部さんへのインタビューや、矢部さんが描いた漫画の本です。 矢部太郎さんの紹介 前作「大家さんと僕」は、78万部のベストセラー...
書評

「恋のゴンドラ」東野圭吾の書評・あらすじ・感想

「恋のゴンドラ」は、冬のゲレンデを舞台に、恋人同士がくっついたり離れたり。恋に奥手な人もいれば、百戦錬磨の人もいる。スノーボードと友情と恋愛が織りなす軽いタッチのラブコメディー。 東野圭吾さんの紹介 受賞作品 「放課後」第31回江戸川...
書評

「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」新井紀子の書評・要約・感想

「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」で、読解力のないAIが、読解力のない人間の子供の強力なライバルになる可能性があることを示唆している。東ロボくんや、RSTを通して、AIに負けない方法を検証している。 新井紀子さんの紹介 新井紀...
書評

「ノーサイドゲーム」池井戸潤の書評・あらすじ・感想

「ノーサイドゲーム」は、アストロズの選手と君島が、日本のラグビー界を改革するために、地道な努力を積み重ね、さまざまな問題を解決して前進していくストーリーです。すべてが収まるところに収まっていきます。 池井戸潤さんの紹介 1998年「果つ...
書評

ノーベル化学賞を受賞した吉野彰さんの愛読書「ロウソクの科学」の書評・要約・ネタバレ・感想

「ロウソクの科学」は、ロウソクが燃える不思議な現象を、実験を通して若い科学者に向けて、クリスマスに講義を行った講義録です。 ファラデーさんが伝えたかったことは、考える力と着眼点と研究深心だと思います。 吉野彰さんの紹介 吉野彰さん...
書評

「蜜蜂と遠雷(原作)」恩田陸の書評・あらすじ・感想

「蜜蜂と遠雷」は、芳ヶ江国際ピアノコンクールを背景に、天才コンテスタント達の成長を描いた小説。ホフマンの推薦状にはカザマ・ジンなる人物の名が。彼は天性の音楽センスを持ち、周囲を根本的に変えてしまう。 恩田陸さんの紹介 恩田陸さんは、19...
書評

「あり金は全部使え」堀江貴文の書評・要約・感想

「あり金は全部使え」限界まで使って、やりたいことに没頭しろ!未来に備えるな!徹底的に自分の好きなことにハマれ!儲けるという下心で動くな!心から楽しむことに集中しろ!ホリエモン哲学が学べる本。 堀江貴文さんの紹介 堀江貴文さんは、元ライブ...