アロマ初心者の始め方!揃えるもの、初心者におすすめの精油は?使い方や注意点は?

美容・健康

お家で過ごす時間が増えて、アロマテラピーを楽しむ人が増えているそうです。

アロマテラピーとは、ハーブに含まれる香り成分を使って、私達の生活に役立てることです。

今回は、アロマテラピーを行うのが初めてというアロマ初心者に向けて書きました。

精油は、植物のエッセンスが濃縮されたオイルです。初心者でも安全にアロマテラピーを楽しむためのヒントやポイントをお伝えします。

はづき
アロマ初心者でも楽しめる精油の楽しみ方や注意点、おすすめの精油、揃えるものなどをご紹介します!
スポンサーリンク

アロマ初心者の始め方は?

※ イメージです

アロマテラピーを始めるには、まず最初に精油を用意します。

精油は、100%天然のものを選びます。合成香料が加えられていたり、アルコールで希釈されているものは避けましょう。

購入の際には、学名や産地などもきちんと確認します。しずくが1滴ずつ出る「ドロッパー(中栓)」がついているものを選んでください。

精油は紫外線や熱で劣化が早まります。

遮光瓶に入っているものを選び、直射日光を避けて、冷暗所に保管します。開封したら、1年を目安に使い切りましょう。

アロマテラピーを行う前に、注意点にも目を通してください。(記事内の項目にジャンプします)

↓おすすめの精油
日本アロマ環境協会「AEAJ表示基準適合精油」
天然植物成分100% 120種類の香り
アロマテラピーのある暮らしを【フレーバーライフ】

アロマ初心者におすすめの精油7選

アロマ初心者は、普段の生活で馴染みのある、自分の好きな香りを選ぶのがおすすめです。

はづき
好きだな、と思う香りを選んでね!好きと感じる香りは、今のあなたの心身が求めている香りだヨ☆

ストレスや緊張を和らげてくれたり、リラックス効果のある精油を4点(ローマンカモミール、ラベンダー、スイートマジョラム、スイートオレンジ)、私のお気に入りの精油を3点(ゼラニウム、ジャスミン、イランイラン)をご紹介します。

ローマンカモミール

学名Anthemis nobilis(アンテミス・ノビリス)
分類キク科
部位
抽出法水蒸気蒸留法
ノートミドル
主な成分アンゲリカ酸エステル類
主な作用ストレス緩和、リラックス、鎮静
相性の良い精油オレンジやマンダリンなど甘味のある柑橘系の精油

カモミールには2種類あります。ハーブティーでお馴染みのジャーマンカモミールと、精油で良く使われるローマンカモミールです。

ローマンカモミールは、青リンゴのような甘く爽やかでフルーティーな香りです。

不安やストレスによる心身の不調をやわらげてくれます。穏やかな作用なので、子供にも使えます。

入浴後のトリートメントや、眠る前の芳香浴などがおすすめです。

※ 妊婦さんは使用を控えて下さい。

ラベンダー・トゥルー

学名Lavandula angustifolia(ラヴァンドゥラ・アングスティフォリア)
分類シソ科
部位花、葉
抽出法水蒸気蒸留法
ノートトップ、ミドル
主な成分酢酸リナリル、リナロール、酢酸ラバンジュリル
主な作用リラックス、鎮静、抗菌
相性の良い精油ゼラニウム、マジョラム、ペパーミント、ローズマリー、柑橘系の精油

ラベンダーは、フローラルの中にもウッディな落ち着きと品の良さが感じられる香りです。

ラベンダーは、怒りや緊張を和らげて、リラックスさせてくれます。

高いリラックス効果があるため、ストレスからくる体の不調や、女性の体のトラブルなどにも効果があるとされています。

鎮静作用があると言われている酢酸リナリルという成分を多く含みます。

ラベンダーは、体の様々な苦痛の緩和や、肌のトラブル解消にもよく使われます。

※ 妊婦さんは使用を控えて下さい。

スイートマジョラム

学名Origanum majorana(オリガヌム・マヨラナ)
分類シソ科
部位花、葉
抽出法 水蒸気蒸留法
ノートミドル
主な成分テルピネン-4-オール、リナロール
主な作用癒し、鎮静、抗菌
相性が良い精油ラベンダー、ゼラニウム、柑橘系の精油

スイートマジョラムは、温かみのある、甘くスパイシーなハーブの香りです。

イギリスでは「なぐさめの香り」と呼ばれます。緊張で高ぶり、こわばった心を優しくほぐしてくれる精油です。

頑張りすぎて、気持ちに余裕がなく、心が疲れている方におすすめです。

毒性がほとんどなく、体の巡りをアップして、リラックスを誘うので、眠る前のトリートメントにおすすめです。

スイートオレンジ

学名Citrus sinensis(キトルス・シネンシス)
分類ミカン科
部位果皮
抽出法 圧搾法
ノートトップ
主な成分リモネン
主な作用不安緩和、リラックス
相性が良い精油どの精油とも合わせやすいです。

フレッシュで爽やかなオレンジの甘味のある香りです。

不安感をやわらげ、緊張をほぐして、気持ちを明るくさせてくれます。

子供との相性も良く、子供が眠れない時や、落ち着かせたい時、芳香浴やオイルトリートメントをしてあげると良いです。

アロマバスや、眠る前の芳香浴などがおすすめです。

ゼラニウム

学名Pelargonium graveolens(ペラルゴニウム・グラウェオレンス)
分類フウロソウ科
部位
抽出法 水蒸気蒸留法
ノートミドル
主な成分シトロネロール、ゲラニオール
主な作用不安緩和、防虫、消炎
相性が良い精油フラワー系や、ウッディ系(シダーウッドやひのき等)の精油

ゼラニウムは、バラに似た甘い香りと表現されます。甘い香りの中にも、ハーブの独特な、スッキリとした清涼感が感じられる香りです。

心身の不調のバランスを整えてくれます。女性に嬉しい精油です。

甘い香りが、心の不安感を和らげ、気分を明るくしてくれます。

※ 妊婦さんは使用を控えて下さい。

ジャスミン

学名Jasminum grandiflorum(ヤスミヌム・グランディフロルム)
分類モクセイ科
部位
抽出法揮発性有機溶剤抽出法
ノートミドル、ベース
主な成分酢酸ベンジル、安息香酸ベンジル、イソフィトール、リナロール
主な作用不安緩和、高揚
相性が良い精油柑橘系(特にオレンジやマンダリン)

ジャスミンは、エキゾチックな濃く甘い香りが特徴です。

ジャスミンは、女性の心身の不調に寄り添ってくれる香りです。気持ちが不安なとき、気分のアップダウンが激しい時などに疲れを癒し、うきうきした高揚感を与えてくれます。

妊娠線のケアにも使うことが出来ます。

シャネルの5番にも使われている香りです。

※ 妊婦さんは使用を控えて下さい。

イランイラン

学名Cananga odorata(カナンガ・オドラタ)
分類バンレイシ科
部位
抽出法 水蒸気蒸留法
ノートミドル、ベース
主な成分ゲルマクレンD、酢酸ベンジル、リナロール
主な作用不安緩和、高揚
相性が良い精油柑橘系(特にオレンジやマンダリン)

イランイランは、ジャスミンをさらに甘く濃厚にしたような、官能的な異国風の香りです。

インドネシア語で「花の中の花」という意味を持ちます。

不安や緊張でこわばったこころを優しく解きほぐし、幸せな気分へと導いてくれます。

※ 妊婦さんは使用を控えて下さい。

精油の種類(系統)

精油の分類精油の種類
フラワーカモミールジャーマン、カモミールローマン、ジャスミン、スパイクラベンダー、ゼラニウム、ネロリ、プチグレン、ラバンジン、ラベンダー、リンデン、ローズ・アブソリュート、ローズオットー
ハーブアンジェリカ、キャロットシード、クラリセージ、ゲットウ、スイートマジョラム、スペアミント、タイム、バジル、フェンネル、ペパーミント、メリッサ(レモンバーム)、ヤロウ、ローズマリー
ウッディカユプテ、クロモジ、サイプレス、シダーウッド、ジュニパーベリー、ティートリー、ニアウリ、パインニードル、ひのき、モミ(トドマツ)、ユーカリ
シトラスグレープフルーツ、シトロネラ、スイートオレンジ、ベルガモット、ベルベーヌ(レモンバーベナ)、マンダリン、ユズ、ライム、リツェアクベバ(メイチャン)、レモン、レモングラス
エキゾチックイランイラン、サンダルウッド、パチュリ、パルマローザ、ベチバー
樹脂・樹皮エレミ、ガルバナム、コパイバ、フランキンセンス(乳香)、ベンゾイン(安息香)、ミルラ(没薬)
スパイスアニス、カルダモン、クミン、クローブ、コリアンダー、シナモン、ジンジャー、ナツメグ、ブラックペッパー、ローレル

キャリアオイルの種類

代表的なキャリアオイルをご紹介します。

アルガンオイル肌馴染みが良く、保湿効果に優れています。
オリーブオイル乾燥肌を保護し、肌を柔軟にし、滑らかに整えます。
カレンデュラオイルキク科のハーブカレンデュラを漬け込み、成分を抽出したオイルです。保湿、消炎効果があります。妊婦さんや赤ちゃんにも使えます。
シアバター肌を柔軟にして、潤いを保ちます。
スイートアーモンドオイル乾燥肌に。敏感肌や赤ちゃんにも使えますが、酸化しやすいので早めに使い切りましょう。
ホホバオイル熱や酸化に強く(酸化しにくい)、保湿効果が高いです。
マカダミアナッツオイル低刺激で、肌に馴染みやすく酸化しにくい。

アロマ初心者が揃えるものは?精油の使い方・楽しみ方

精油の楽しみ方は、いろいろあります。蒸気吸入やフェイシャルスチーム、湿布などは、精油さえあれば、身近にある道具だけで行えます。

精油は、薄めて使うのが基本です。特に、肌に塗布するオイルトリートメントの場合についてお伝えします。

ドロッパー1滴は、約0.05mlです。目元などはデリケートなので、塗布は避けて下さい。

用途希釈濃度
顔に塗布する場合0.1~0.5%以下
体に塗布する場合0.5~1%以下
希釈濃度の早見表

例えば、フェイス用には、キャリアオイル10mlに対して、精油1滴を垂らします。

0.5%の計算式:(基剤の量×0.005)÷0.05=精油の滴数
1%の計算式:(基剤の量×0.01)÷0.05=精油の滴数

濃度 \ 基剤の量10ml20ml30ml50ml
0.5%1滴2滴3滴5滴
1.0%2滴4滴6滴10滴

芳香浴

用意するもの:精油、アロマディフューザーなど

芳香浴は、ティッシュやハンカチに精油を1~2滴落として香りを楽しんだり、コップに熱湯を入れて、精油を1~2滴落として香りを楽しむなど、身近なものを使って行うことも出来ます。

でも、芳香浴をより楽しみたいなら、精油の他に、精油を拡散する道具(アロマポットやアロマディフューザーなど)があると便利です。

拡散力は、ディフューザーのサイズにもよりますが、大体次のようになります。

ネブライザー > 超音波式 > ファン、アロマライト、アロマポット

アロマポットは火を使うので、安全性の面からおすすめしません。

アロマライトやファン式のアロマディフューザーは、香りが控えめなので、強い香りが苦手な方や、赤ちゃんやペットがいるご家庭におすすめかなと思いました。

お部屋全体を香らせたい方や、ほのかな香りでは物足りない方には、超音波式やネブライザー式がおすすめです。

アロマディフューザーの種類
種類メリットデメリット
加熱式アロマポット
  • 値段が安い
  • 受け皿を洗うだけだから、掃除やメンテは楽
  • ろうそくの火に癒し効果がある
  • 音は静か
  • 拡散力は弱い
  • 消耗品(キャンドル)を定期的に購入する必要がある
  • 火を使うので安全面に注意が必要
  • 受け皿の水がすぐ無くなるので、長時間の放置はできない
アロマライト

(コンセント式、電池式)

  • 値段が安い
  • 受け皿を洗うだけだから、掃除やメンテは楽
  • 火を使わないので安心
  • 音は静か
  • 小型のものは、足元の常夜灯などにも使えて便利
  • 拡散力は弱い
  • 消耗品(電球)が取り寄せになる場合もある
  • 受け皿の水がすぐ無くなるので、長時間の放置はできない
非加熱式アロマディフューザー(ネブライザー式)
  • 香りの密度が濃く、部屋全体に香りが広がる
  • 水を使わないので、カビの心配もなく、掃除やメンテが楽
  • 精油のボトルをセットするだけだから操作が簡単
  • 噴霧の回数や香りの強弱は、セットすれば自動だから放置ができる
  • 加湿器の機能はない
  • 音が気になる人もいる
  • 精油を自分でブレンドして楽しむには、手間がかかる
  • 粘りの強い精油は管が詰まるので使えない
  • 使い方によっては、精油の減りが早い
  • 5mlの精油ボトルは、セットできないものが多い
アロマディフューザー

(超音波式)

  • 水と精油をセットするだけだから操作は簡単
  • 噴霧の回数や香りの強弱は、セットすれば自動だから放置ができる
  • 小型のものは、足元の常夜灯などにも使えて便利
  • 加湿器の機能がついているものもある
  • 水を使うので掃除やメンテに手間がかかる
  • 音が気になるタイプもある
アロマディフューザー

(ファン式)

  • 値段が安い
  • 水を使わないので掃除やメンテは楽
  • 自動消灯のものは放置が可能
  • 足元の常夜灯などにも使えて便利
  • 加湿器の機能はない
  • 拡散力は弱い
  • 音が気になるタイプもある
アロマライト

アロマライトは、拡散力が弱く、自分の周辺が香る程度のものが多いです。汚れたらオイル皿を洗うだけなので、手入れは簡単です。

アロマディフューザー(ネブライザー式)

ネブライザー式は、水を使わず、空気を圧縮して、精油の原液をそのまま拡散します。広いリビングやお店、オフィスなどにおすすめです。

↓こちらは40畳対応です。

アロマディフューザー(超音波式)

加湿器にアロマディフューザー機能がついたものが沢山売られていますが、加湿器としての機能がメインで、香りを拡散する機能はあまり高くないという意見もあります。

超音波式のアロマディフューザーは、様々なサイズのものがあります。商品の仕様欄に、「適用床面積」という記載があります。

適用床面積の記載がないものもありますが、その場合は、タンクの容量などが目安となります。メーカーの仕様にもよりますが、参考にしてみて下さいね。

無印良品の場合
タンク容量適用床面積連続運転時間
350ml約12~15畳約3時間
80ml約6~8畳約4時間

↓ラサーナ アロマ入門キット(WEB限定)がお得!
アロマディフューザーに精油5本がついています。
ラサーナ アロマ入門キット
アロマディフューザー(ファン式)

電池式やUSB充電式などがあります。音はどちらかと言えば静かなものが多いです。

精油を染み込ませるフェルト状のフィルターをファンの上にセットして、上から精油を数滴垂らすだけなので、掃除もメンテも簡単です。

但し、サイズが小さなものが多く、拡散力は弱いので、自分の周辺が香る程度です。

沐浴

用意するもの:精油、無水エタノール、お湯、洗面器

洗面器や、たらいなどに熱湯を入れて、5mlほどの無水エタノールに精油1~4滴を混ぜたものを加えます。差し水をして、丁度良い湯加減になったら、手浴や足浴をします。

10~15分ほど浸かります。お湯がぬるくなったら熱いお湯を足して温度を調節します。

蒸気吸入・フェイシャルスチーム

用意するもの:精油、お湯、洗面器、バスタオル

洗面器やボウルに熱湯を入れます。精油を1~3滴たらします。蒸気が逃げないように頭からバスタオルをかぶり、洗面器の上に顔をかざし、蒸気を顔にあてます。

ゆっくりと深呼吸します。風邪の引き始めなどにおすすめです。お肌の巡りがアップして、美肌効果が期待できます。

精油の揮発性の成分が目を刺激するので、蒸気を顔に当てるときは、眼を閉じて行ってください。

湿布

用意するもの:精油、お湯、洗面器、タオル

洗面器やボウルに50℃くらいの熱めのお湯500mlを注ぎ、精油1滴を加えてよく混ぜます。

短冊状にたたんだタオルをお湯に浸し、軽く絞ってから患部に当てます。これを何度か繰り返します。

冷湿布の場合は、お湯の代わりに水を使います。

急性の痛みには冷湿布、肩こりや腰痛などの慢性の傷みには温湿布が向いています。

※ 火傷に注意してください

オイルトリートメント

キャリアオイルに精油を混ぜてマッサージオイルを作ります。作ったオイルは遮光瓶に入れて、冷暗所に保管し、2週間を目安に使い切ってください。

ハーブとアロマの違い

※ イメージです

ハーブとアロマの違いをご存じですか?

ハーブとは、様々な香りを持ち、人にとって有用な成分が含まれる植物です。アロマとは、ハーブに含まれている香り成分のことを言います。

ハーブとアロマの違いは、「飲んだり食べたりできるかどうか」です。

ハーブの場合は、カモミールなどのハーブティーや、ターメリックなど食事に使うスパイス、ミントやセージ、ローズマリーなど、お菓子や料理に混ぜるハーブがありますよね。

精油の場合は、飲んだり食べたりは出来ません。

精油の注意点

原液で使わない

精油は高濃度の香り成分です。原液では使わず、必ず薄めて使います

飲まない・食べない

精油は植物の香り成分が、濃縮されています。

消化粘膜や、内臓に負担がかかる可能性があるので、原液はもちろん、希釈した精油でも、飲んだり、食物に混ぜて食べたりしないように注意しましょう。

原液を肌に塗らない

精油の原液は、皮膚には刺激が強いため、薄めて使うのが基本です。精油の原液を皮膚に塗ったり、目や口に入らないように気を付けて下さい。

薄めて使う場合でも、下記の場合は気を付けて下さいね。

皮膚刺激について

皮膚に塗布する場合は、キャリアオイルなどで薄め、低い濃度でパッチテストを行ってからにしてください。特に、肌がかぶれやすい方は注意してください。

皮膚刺激に注意したい精油イランイラン、ジャスミン、クローブ、ティートリー、ブラックペッパー、ペパーミント、メリッサ、ユーカリ
光毒性について

柑橘類の果実皮に含まれる精油には「クマリン誘導体」が含まれます。クマリン誘導体には、光毒性(※)があります。

柑橘類の精油が肌についたまま紫外線に当たると、炎症が起きたり、シミが出来たりすることがあります。

顔などに塗布するのは避けた方が無難です。

光毒性に気を付けたい精油アンジェリカ、グレープフルーツ、ベルガモット、レモン
光毒性のない柑橘系の精油スイートオレンジ、マンダリン、ユズ

(※)光毒性とは、皮膚に化学物質が付いた状態で、紫外線に当たることによる皮膚への刺激反応のことを言います。

子供やペットに注意

精油は、子供やペットが誤って飲んだりしないように、手の届かないところに置いて下さい。

子供へのアロマテラピー

3歳未満の幼児には、芳香浴以外は行わないでください。

3歳以上12歳以下の場合でも、子供は大人より体が小さいですので、アロマテラピーを行うときは、大人の10分の1くらいの低濃度から始めて、大人の2分の1を上限とし、様子を見ながら行って下さい。

ペットへのアロマテラピー

ペットは、人間に比べて体が大変小さいですし、体の仕組みが人間とは違います。犬や猫の嗅覚は人間より大変鋭く、微かな香りでも、強く感じてしまいます。

中でも猫やフェレットは、精油に含まれる香り成分の中に、代謝できず、体に蓄積してしまう種類のものがありますので、アロマテラピーは禁物です。(子犬や小鳥もダメ)

ペットへのアロマテラピーは、ペットへの安全性が確認できている香り以外は、おすすめしません。詳しくは獣医さんに確認してください。

妊婦さんが注意したい精油

妊娠初期は、精油の使用は避けた方が無難です。妊娠中期、後期でも、子宮にアプローチする精油は厳禁です。

赤ちゃんと密に接することが多い授乳中は、精油の使用を控えるか、低濃度での使用をおすすめします。ご心配な方は、主治医に相談してください。

妊婦さんが注意したい精油カモミール、クラリセージ、ジャスミン、ヤロウ、ラベンダー、ユーカリ、ゼラニウム、ペニーロイヤルミントなど

病気の方や高齢者の方への注意

血圧の高い方や、薬を飲んでいる方は、使用できない精油があります。病院で治療を受けている方は、主治医に相談して下さい。

高齢者にアロマテラピーを行う際は、低濃度での使用をお勧めします。

火気厳禁

精油には引火性があります。火や熱のそばでアロマテラピーを行うのは止めましょう。

 

↓高級ブランド香水が、1.980円から手軽に購入できます
関連記事:カラリア(COLORIA)香水の口コミや評判は?ブランド香水のサブスクの種類は?

↓汗が気になる方におすすめの医薬部外品デオドラントクリームです
関連記事:Deo-Ace(デオエース)EXプラスの口コミとワキガ・脇汗への効果は?
関連記事:プルーストクリームの口コミや脇汗への効果、塗り方、最安値、キャンペーンは?子供は使える?

この記事を書いた人
はづき

化粧品成分について、とことん調べるのが好きです。

◆おすすめスキンケアの紹介
◆使ったコスメの体験レビュー
◆美容に関する困ったを解決するブログ

はづきのフォローをお願いします♪
美容・健康
スポンサーリンク
お役に立てたなら、この記事のシェアをお願いしますね☆
はづきのフォローをお願いします♪
ハッピーノートブック
タイトルとURLをコピーしました