書評(映画・ドラマ化小説)

「わたし、定時で帰ります。ハイパー(原作)」朱野帰子の書評・あらすじ・感想

「わたし、定時で帰ります。ハイパー」では、得意先からのセクハラとパワハラに結衣と晃太郎は悩まされます。会社では、ホワイト化を目指し、「管理職でも定時で帰れる」を実現するべく、結衣に期待がかかります。   朱野帰子さんの紹介 「わたし、定...
書評(映画・ドラマ化小説)

「ちょっと今から仕事やめてくる」北川恵海の書評・あらすじ・感想

仕事に疲れ果てた隆は、ある日電車のホームで、自殺しようとしているところをヤマモトという男に助けられた。「ちょっと今から仕事やめてくる」は、そんなヤマモトとの不思議な交流を描くハートフルなストーリー。   北川恵海さんの紹介 「ちょっと今...
書評(漫画・アニメ)

「進撃の巨人」が、2019年9月18日22:00まで無料なので読んでみた

引用元:amazon 今から5年前、あの107年前の悪夢が再び人類を襲う。大きく進化した謎の巨体が強固な壁を突破し、次々と犠牲者を出す惨劇となった。エレンとミカサは訓練兵となり、自ら志願して最前線へと立ち向かうが…   「進撃の巨人」が、...
書評(映画・ドラマ化小説)

「わたし、定時で帰ります。(原作)」朱野帰子の書評・あらすじ・感想

主人公の東山結衣は「わたし、定時で帰ります。」を入社以来、貫ぬいている。ところが新任のマネージャー福永清次が強引に獲得した案件のせいで、結衣たち部下は過酷な長時間労働を強いられるはめに…   朱野帰子さんの紹介 「わたし、定時で帰ります...
書評(映画・ドラマ化小説)

「プーと大人になった僕(原作)」エリザベス・ルドニックの書評・あらすじ・感想

ロンドンで仕事に忙殺される毎日を過ごしているクリストファー・ロビンのもとに、ぬいぐるみのプーがひょっこり現れます。「プーと大人になった僕」は、プーの難題を解決するために百エーカーの森へ向かいます。そこには…?   エリザベス・ルドニック...
書評(ビジネス・自己啓発)

「実行力」橋下徹の書評・要約・感想

「大阪都構想」という大きなビジョンを掲げ、その為に政党を立ち上げ、大阪府知事になり、さらに大阪市長となり最終的に住民投票までたどり着いた橋下氏の「実行力」について書かれたリーダーシップの本。 こんな人におすすめ ・部下との人間関係に悩んで...
書評(映画・ドラマ化小説)

「ルパンの娘(原作)」横関大の書評・あらすじ・感想

深田恭子さん主演のフジテレビドラマ「ルパンの娘」の原作。主人公の華は泥棒一族。恋人の和馬は警察一家。結ばれないはずの二人が、ある事件をきっかけに、見えないキューピットに導かれて、ハッピーエンドに至るまでのミステリー。    横関大さんの...
書評(ビジネス・自己啓発)

「NEW POWER」ジェレミー・ハイマンズ&ヘンリーティムズの書評・要約・感想

インターネットを通じて個人がつながり「ミーム」という現象が起きる。「NEW POWER」とはその潜在的なエネルギーを指す。本書では「NEW POWER」の特徴や成功事例、使いこなす為のスキルが学べる。   こんな人におすすめ ・ミームをビ...
書評(ビジネス・自己啓発)

「幸せになる女の思考レッスン」ワタナベ薫の書評・要約

「幸せになる女の思考レッスン」は、望む未来を手に入れて、なりたい私になる為のレッスン。夢をリアルに思い描き、行動を積み重ねることで、1歩1歩夢に近づき、セルフイメージも良くなっていく。自己啓発本。   こんな人におすすめ ・充実した人生を...
書評(断捨離・開運・引き寄せ)

「人生を変える断捨離」やましたひでこの書評・要約

「人生を変える断捨離」は「捨てる」だけにあらず。人生を新陳代謝して好転させる人続出。「断捨離の螺旋階段」とは?捨てるとは「過去の自分の思考ごと捨て去る」こと。行動に弾みがつき好循環が起こる必読の書。   こんな人におすすめ ・片づけが苦手...
タイトルとURLをコピーしました